陶芸ワークショップ やりました

夏休みも8月に突入し、本格的な暑さ。

過日の陶芸ワークショップに参加できなかった方の「参加したかった」の声を受け、

オマケのスペシャルワークショップやりました。

大島さん、ありがとうございます。

オマケのつもりが満席に。

となると、気になるのは河童と亀を超える作品は現れるのか。

先に言ってしまうと、小さなカメを作った方が2名!

またしても。

思い返せば、2か月前の椎名さんの展覧会からカメの要素は確かにありました。

大島さん曰く、ちょうど小学生の頃までが何にもとらわれずに

好きに形を作るのだという。

子どもたちも、かなりの集中力で最後まで作り切りました。

プロの陶芸家はどうやっているんだろうと、手元を見る目も真剣そのもの。

そして、今回もオリジナルな作品がたくさん出来上がりました。

 さすがの経験者は、すいすいと粘土を均一にのばしています。

黙々と作っていた男子を覗くと、謎の物体が!

「何作ってるの?」

「オバキューム」

「ふーん」

 

何なんだよぉっ、オバキュームって?

最近はゲーム素材さえ進化している。

もう平常心に見せかけての「ふーん」が精一杯の年寄りの反応。

付け加えておくと、大島さんも横でググってましたのであしからず。

そもそも窯で焼くことなんて度外視した精神が、

芸術への近道にも思えた作品でした。

さて、オバキュームがどんな風に焼きあがるのか、

大島先生にプレッシャーをかけつつ待ちわびたいと思います。

galeria-punto

ツールバーへスキップ