Loading

藤原宏幸 × 藤田瑞希

藤原宏幸の「脳内回帰」と、藤田瑞希の「ふふふ」。

現在、2企画を同時開催中ということで、本日は両氏を囲んでの会。

向って右から藤原さんと藤田さん。

昨日の新聞では「明と暗」という表現でお二人の作品が紹介されていました。

確かに年齢も違えば作風もかけ離れている二人。

例えば、藤原さんの作品。

 

そして藤田さんの作品。

「陰と陽」とも思えるビジュアルですが、今日の会では

お互いの作品に とても刺激を受けている印象さえ感じました。

その発端は、藤田さんが初めて見た藤原さんの作品を目の当たりにして

「一緒にしてみたい」という返事が始まりだったと記憶しています。

それもそのはず。

藤原さんは長い年月のブランクを超え、自分でも説明のつかない

自身の頭に浮かんだものを ただひたすら描き続けている。

その作品数やのめり込み方は尋常ではない。

同じ作り手として、知識や言葉で描こうとしない本質的な部分に

興味を持たないと言ったら嘘になるのではないだろうか。

そんな藤原さんは、とても優しい。

そして、誰が見ても ふんわり癒し系な藤田さん。

美声が心地いいですわ~。

私にないものを持っている、とは正しくこのこと。

度胸もあります。

ダブルFの両氏は、どうやら単純な陰と陽ではない気配。

初めての試みでもある、同時開催の面白さを発見。

galeria-punto