Loading

「Meet」 一色智登世

本日より、一色智登世の「Meet」始まりました。

開廊前のPuntoのガラス部屋はサウナでして、

車のエアコンは全開ですが信号で止まるたびにサウナでして、

冷凍庫のアイスは、飲み物です。

今日は3本ほど飲みました。

「点から線へ vol.3」入江さんの大雨のオープニングに続き、一色さんの初日は酷暑。

企画から全く打合せもしてなかったのですが、本日は一色さんのバースデーでした!

今日知った~、それも夕方。

一色智登世、よく後付けの作家名に間違われるらしいですが本名です。

余談ですが、一色さんは毎回会う度に雰囲気が違うのです。

毎回「一色さんに似た人が来た」と思ったら本人 という頻繁なるデジャブを繰り返し

今回も学習せずに、まんまと繰り返しました。

何年前だったか初めてお会いした時、宇多田ヒカルに似すぎてましたが

やはり軽快なトークも似てる気がします。

全て余談ですが、それもこれも全て暑さ故。

次はきっと涼しい部屋で作品のことを。

SEED-はじまりのカタチをコンセプトにイメージを展開している。

物事のはじまりを表現する時にも使われる ”種” 、命のはじまりの種、事柄現象、

エネルギー、そのはじまりのカタチを種の形をもって表現している。

見る人の記憶の中の何かとつながり、共感や触発を生むことができればと思う。

どんな種でもまけば芽が出る

すべての出来事には、事のはじまりの種を持っている

私からうまれる種

豊にし明るくする、そんな種をまいていきたい。

Meet すべての出会い、はじまりの種

一期一会のすべての出会いの縁を感じてもらえたらと思う。   一色智登世

galeria-punto