Loading

施美時間 11日目。

「施美時間」始まって以来の晴れ続き。

鶴林寺でのアート・プログラムと言えば、これまで雨が通説となっていましたが、

それを払拭する日々が続いています。

特に、屋外の散策は心地良いです。

IMGP9767

常行堂は、池田晶一。

IMGP9770

「重なりもしくは 繋がり」

整然と並ぶ姿は、屋根瓦などお堂の佇まいとリンクし、

建築の一部としての作品の在り様を考えさせられる作品でもあります。

IMGP9366

IMGP9745

IMGP9809     IMGP9769

重なっているようにも繋がっているようにも見えるそれは、同じ形の独立した立体の組合せによって出来ています。面によって、艶のある赤とマットな藤色に分けられ、観る角度を変えることでフォルムが美しく変化します。池田さんの作品は、固い陶であるにも関わらず織物のような柔らかさとリズムを感じるのです。

IMGP9762 IMGP9763 IMGP9764

また、池田さんの小品は旧宝物館にも展示されています。

波型が特徴的な花器やカップは、繋げることで新たな立体作品のようにも変化します。

次に、常行堂から見える赤は、栗山 勉。

IMGP9779

「地平線を行く星牛」

”静かな内面と力強く未来に向かって進みゆくフォルムを創作した”という栗山さん。闘牛のように、足をカッカッ・・と動かし土を蹴りそうです。

”自分が熱くならないと作れない”という栗山さんは、自身が熱を帯びるまでの数時間をアトリエの掃除をして過ごすのだそうです。そして、やり始めると熱は一向に冷めなく制作を終えることができないと言います。

IMGP9776

IMGP9777          IMGP9778

素材は色々なパーツ。

IMGP9744

IMGP9780

「変幻するメルヘン」

太陽に向かってゆっくりと変化(へんげ)し進化していく様を表現しています。

IMGP9782     IMGP9781

キツネが女に化けているところなんですね。

IMGP9785

これは血管という人もいました。

確かに、血管のように見えます。

IMGP9686

他にも野外作品では、入口から屈まないと入れない 奥に好奇心をそそられ、

大角さんの作品を通る人の姿が多く見られました。

IMGP9811

IMGP9530

IMGP9641

IMGP9609

IMGP9673

作品をくぐって奥まで行くと、

作品の上に最初はなかったお金が置かれているではありませんか。

お寺ならではの光景。

IMGP9607

この日は、閉館ギリギリに作家が2名到着。

IMGP9757

んん!?リンボーダンス?

IMGP9759

アホですね~。ぴかぴか (新しい)

誰も見てない中での、この のけぞり。

さすが、アートの基本。作家魂を感じます。

galeria-punto