Loading

「千年先の声」 猪立山三鈴

 

 「千年先の声」 猪立山三鈴

2018年11月15日(木)~11月25日(日)

24日(土)、25日(日)作家在廊

月・火・水曜日 休廊

11:00~20:00(最終日~16:00)

古代から連なる明日への願いを、花と人というかたちで表しています。

背景の文様は、細胞や染色体など生命の小さな単位であり、また、きらめく金平糖や、砂や、子供の頃に拾った小石でもあります。

願いとは、生への欲求、祈り、あるいは、いとけない想いなのかもしれません。

諍いや悲しみは多くありますが、花が虫や宇宙が今も広がり続けるように、

世界は何度も夜明けを迎え、美しく変わりゆくのだと信じて、私は描き続けています。

どうぞ足をお運び頂き、ひたむきな心やゆるやかな気持ちを映した大小さまざまな作品をご覧頂けましたら幸いです。 猪立山三鈴

 

猪立山三鈴さんは、昨年の二科展において特選、2018春季二科展招待出品と今最も勢いのある若手作家である。

近年のこれらの出品作品は、構図や色等の技術的なものが優れているというだけでなく、発信されている内容が、充実しているように感じられる。

実は彼女は優秀な大学の大学院を修了した才女である。

在り来たりの道徳や良識を押し付けたり、感性の垂れ流しのようなイメージの羅列に陥ることがない。

さりげなく柔らかな感性でつつみこんだ知的なメッセージを発信している。

また小品の彩色墨絵は、現代的な江戸絵画とでも言ったらいいのか、とびっきり「粋」で「艶」を感じさせる作品を見せてくれる。

このような彼女の幅広い感性と柔軟な姿勢に大きな将来性と可能性を感じる。   公益社団法人二科会 評議員 田浦哲也

 

【猪立山三鈴】

奈良市生 福岡市在住

 九州大学大学院生物資源科学研究科(現 九州大学大学院生物資源環境科学府) 修了

 第102回 二科展 特選受賞

 第70回記念二科西人社美術展  テレビ西日本賞 他

 

個展 

 培養(galeria punto 倉敷 岡山)

 流象(由布院駅アートホール 大分 )

 邂(ギャラリーハウスMAYA 東京)

 花影(galeria punto 岡山)

 所縁の色(夢二山荘 大分)

 花雫(galeria punto 兵庫)

 花譜(新天町村岡屋ギャラリー 福岡) 他

 

挿絵

 西日本新聞「万葉びとの筑紫」(上野誠)

 YAHOO!占い「ラーヤの光輪タロット」 他

 

galeria-punto

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です