Loading

「8000日目の取り組み」  三木サチコの彫刻とドローイング

img015

2016年9月19日(月・祝)~29日(木)

11:00~18:00(最終日~16:00) 日曜日休廊

内気で泣き虫だけどスカートは嫌い、男の子っぽいものが好きだった。自分の内側の感覚と外見や好みとのギャップが人間の内側と外側を考えるきっかけだった。 そこに物があるだけで表面が出来、中側がうまれる彫刻は、私が考え事をするのにとても合う。考え事は身体でする。4 歳から 18 歳まで水泳をしていた。その後はトライアスロン、競技スキー、登山、クライミングと続く。どれも決してうまくはないが、続けることでわかることがある。彫刻も同じだ。器用に思い通りには作れない。しかし私は私の無意識が求める形が現れるまで、手を動かし続ける。

galeria-punto

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です