Loading

Un vaisseau comme une fleur

廣田哲哉による「Un vaisseau comme une fleur」終了しました。

関西では初の個展ということで自分のことのように期待にソワソワしつつ、

作品たちに囲まれていると妙にほっこりと楽しめた2週間でした。

ひとくくりに作家と言っても、各々作品も違えば考え方も異なります。

それは、これが正解とか、そんな考えは間違い なんてものはなくて、

きっと どれもがどこかでは正しいのではないかと思うのです。

今回も廣田さんのお話を伺いながら、そんな思いをはせつつ

考えさせられる部分や課題ももらえたような気がして、とても感謝でした。

彼の作品はまだまだ未完なところが魅力のひとつとも思え、

その揺らいでいる過程さえも作品に落とし込んでしまえば、

一体どんなモノが出来上がるだろう と想像する。

作家の言葉で言う「実験」を重ねた後の未完を是非見たい。
次回も廣田さんの作品を紹介できればと願っている。

galeria-punto