Loading

隠された部屋

石川和男の「spectrum☆スペクトル」。

こちらのページでは多くを紹介しきれぬままでしたが、明日 最終日を迎えます。

進化を遂げた石川さんの作品は、変遷を辿るのも謎解きのように興味深い作業。

我々には計り知れない時間軸を加えた4次元の世界を

もし私たちが触れているとするならば・・

そんな着眼点がひとつとなり、

根本的な画面構成から美術を構築した数少ない絵画であろう。

画面上にいくつもの消失点を設け、

時には様々な様式の文様などを重ねている。

果たして、どこが手前でどこが奥なのか?

見るほどに様相を変え飽きることがない。

一見すると不必要に見える部分が、画面の重要な役割を担っていたり。

気付かなかった発見が見え隠れする。

そして、分割した部分に箔を貼る独特の表現は、

想像を喚起させる まさに石川さんでしかでき得ないオリジナルなのです。

2週間余り、石川さんの美術にどっぷりとつかって、

まだまだ未知の美術の面白さに歓喜。

いよいよ、明日が最終日。

どうぞ、お見逃しなく。

galeria-punto