Loading

陶芸家 今村能章×バリスタ Yasu Nakamura

  今日はドイツで活躍しているバリスタ Yasu Nakamura氏を招き、

最先端のコーヒーをドリップしていただきました!

「器も洋服のように試着して、合うものを見つけたって構わない」という今村さんの発案により、

展示している全ての作品から好きなものを選んで、その器に自分に合ったコーヒーを淹れてもらう

という何とも贅沢な企画である。

Nakamuraさんは現地のクラブシーンでDJとしても注目を集める存在で、

日本ではコーヒーワークショップ等ひっぱりだこの中、わざわざ東京から駆けつけてくださいました。

Nakamuraさんのレクチャーは、農作物としてのコーヒーチェリーが我々の手元に届くまで

どんな過程をたどっているのか、そんな根源的なことに時間をさいて話されるそうです。

淹れ方はもちろんのこと、本当の味や物事の成り立ちを理解し

伝えることの大切さを知り、惜しみない愛情を注ぐ素晴らしい方でした。

沖縄で意気投合したという今村さんと、多くの共通点を感じずにはいられません。

そのお味はと言うと・・

やはり私が衝撃だったのは、ワインのようなフルーティなコーヒー。

もはやコーヒーか?

そして、最高級と言われるパナマの”ゲイシャ・ナチュラル・エスメラヌダ”もいただきました。

コーヒー愛に溢れている今村さんのカップでいただくコーヒーは格別。

コーヒーってそんな飲み物だったのか!

目からうろこ。

当たり前だが、単なる煎り豆こし汁じゃなかった。

今日一日ですっかりコーヒーを取り巻く人間に魅了され、

明日から淹れるPuntoのコーヒーは今までとは違う価値観でもって提供できそうな予感。

今村さんに私の淹れるコーヒーも美味しいと言っていただき、心ですすり泣きましたよ。

もう神の域の優しさか新手の詐欺師か。

今日は良い夢見られそう♪

自身の道を身を以て示す本日の男性陣は皆キラキラしていて、奮い立ちました。

最後は、コレ。

今村さん、Yasuさん、ありがとうございました!

次回も更に面白い企画を乞うご期待。

galeria-punto