陶芸ワークショップ 2日目

陶芸ワークショップ、2日目。

2日目の午前中は、夏休みらしく小学生でいっぱい。

午後はセンスある大人組が参戦して、夏の粘土を味わいました。

ほとんどの方は陶芸未経験者でしたが、

思い思いに土を触りながら、日々の雑事を忘れ、ひととき楽しく穏やかに集中。

形状も手順も自分なりに試してみる。

小学生たちも楽しんだ!

失敗しても、やり直してもOK、作るって笑っちゃう。

ワイワイしながら女子力を発揮した小学生の女の子たち。

釉薬の色も、じっくり選びました。

DOTS展に参加してくれたチハル君の姿も。

カメを熱心に作っている男子、ポイントはカメのお腹。

こちらは男子チーム。

斬新な麺棒の使い方その一、上から突く、とりあえず突く。

突いた結果が、この芸術的な作品たちに。

斬新な麺棒の使い方その二、巻く、とりあえず巻く。

くっついて取れない土をどうにか外すと、

右下のラングドシャみたいなトンネルが出来上がります〇 完璧。

もう、カメ愛に嫉妬すら感じる。

小鉢と見せかけての、カメの甲羅。

そうこうしている間に、大島先生は要望があれば皆さんの作品のフォロー。

ありがとうございます!

       そして、だんご屋 開店からの

カメ!ここにも。

霊さえ感じる謎のカメ人気。

   午後の大人組、子どもそっちのけで やり切りましたよ。

実力完全開放!

この集中力、作っているものは、まさかの

カメ!

更には、ここにもまた別のカメ!

どうした、どうした!?

一体どうした!?

2日間に及ぶ陶芸ワークショップ、河童VS亀の戦いなのか?

   

今回 陶芸ワークショップを通じて、不思議なつながりや接点も生まれました。

単なる体験である一方で、ある人は大切な人を思う機会であったり、

ある人は嫌なことがあったけど土を触ってボーっとできて良かったと話されたり、

各々が抱えている環境や思いは違えど、今回集まった皆さんが

陶芸を通しての関りやコミュニケーションで

何かしらの共感や豊かさを感じてもらえたなら嬉しい限りです。

モノづくり、創造は人生において とても大切なものだと思っている。

皆さんの焼き上がりは、またおいおいご紹介したいと思います。

galeria-punto

ツールバーへスキップ