私の不死鳥

ヒカリタケウチの個展も本日で終了しました。

ほぼ都内でしか作品発表をしていないヒカリさんの作品を今回Puntoで紹介したのは、

縁あってのことでしたが、素晴らしい作家を地方で見せたい、知ってもらいたい

そして画一化されていないであろう場所からこそ発信できる、より芯に迫るものが

見つけられるのではないかと、そんな思いを捨てずに今日も新しい企画展を行っています。

一般的には選ばれにくいかもしれませんが、

モチーフを通して描き手個人の感情や息が、計らずともはみ出してしまった

彼女の作品の中でも特にそんな匂いのするものに魅かれます。

そこに受け手が自身を重ねることで得られる救いや助けは、

絵画にしか存在し得ない人間らしい豊かさなのではないかと。

上手く撮れなかった作品など、全てを紹介できませんでしたが、

最後に猫4匹を。

その人間性にももっと迫れたらと思っています。

次回のヒカリタケウチをご期待ください。

galeria-punto

ツールバーへスキップ