Loading

源平

開催中の「武田 いろいろ」。

「絵にならないものを絵にするのが好き」という武田さん。

武田秀雄の絵には、全て意味がある。

登場する人物の性別も服装も全てに理由がある。

武田さんは、モデルを使わない。

何故なら、どんな形のものであろうと頭に入っている。

7、5等身の人物が ややオーバーリアクションで描かれているのは、

その方がリアリティがあるからだ。

そして構図は少し歪み微妙な空間がとられている。

これも意志の表れのひとつである。

 

武田秀雄を代表する「源平」の展覧会開催は、世界で既に150回を超えているそうだ。

今展では、「源平」制作中の未発表の作品を展示しています。

Puntoでしか見られない貴重な作品を是非ご覧ください。

galeria-punto