Loading

吉田 真 搬入

 吉田 真はGaleria Puntoが出来た当時からのお付き合いの作家さんの一人で、いや二人で、

Puntoにとってはなくてはならない作家さんなのです。

一番最初に展覧会をした当時、まだプロジェクションマッピングなんて全くない頃

彼らは既に建物や物体・様々な空間に映像を映し出していたのである。

確か初回はトルソでした。

これは、間違いなく第一人者ではないか!

それも、まさに今 回っている万華鏡のライブ映像によって。

本日は、その吉田 真の搬入日。

どの作家も搬入作業は地味ではありますが、一番ワクワクする作業のひとつ。

最初にバラしてしまうと、吉田 真はユニットである。

その謎めいた正体を聞かれた時に

私はかねてから「藤子不二雄的な」と説明していた。

ところが数年前、真さんの口から「ますだおかだ的な」という言葉を聞き

「真さん、何て謙虚なんだ・・」と感服したのを覚えている。

(ますだおかださん、ごめんなさい そういう意味ではありません、いや そういう意味か)

吉田 真の映像はアート・プログラムでも記憶に鮮明である。

そう、お寺でのド迫力の映像が思い出されます。

Puntoでは久しぶりとなる企画展。

今回も万華鏡に加えてライブ映像をご覧いただけます。

吉田 真の「融合・ゼロからの構築vol.2」は7月25日からスタート。

galeria-punto