Loading

イリュージョン

綿引明浩の「透明の絵画展」。

透明なアクリル板に逆さまに描いていく作家オリジナルの技法、クリアグラフ。

版画・フィギュア・アニメーションなど多彩な作品が揃っています。

透明の絵画の中には、キャストと呼ばれるちょっと不思議な登場人物。

さまよえる画人、ページマン、おしりの天使、正義のサミート・・・

これらキャストには背景や気質まで存在する。

もちろん、これらの解釈は見る側に委ねられてはいるけれど、

絵の裏側とも言える細部まで作り込む作業は、脚本家のようでもあり

現実に家のクローゼットの中にちっちゃいキャストが住んでてもおかしくない

そんな気にさえなってきます。

そして、こちらはピッコロアニメ。

絵画の中でアニメーションが音楽と共に動きます。

キャストたちが集うシアターを、そのまま額に入れ込んで盗んできたような

何ともノスタルジックな大人のアニメーションなのです。

galeria-punto