Loading

えびぞりさんとえびまげさん

本日より始まりました、野村直城の「miracle」。

野村さんとは、かれこれ いつの間にか長いお付き合いになります。

制作活動・作品発表は徹底していて、頻繁には行わない個展に合わせ足を運ばないと

なかなか作品を目にできず手に入れることもできない。

昨年は年間を通して作品を公開しなかったという野村さんの、今回はPuntoでの3年ぶりの個展。

加古川の地に移転した現在のPuntoのオープニング作家でもあります。

しばらくぶりに会った野村さんは劣化ゼロで、相変わらずカッコイイ青年でした。

例えるなら、例えることを求められてもいませんが、

①子どもの家庭教師にしたい、と世の母が思うタイプとでも言いましょうか、

②知らぬところでファンができていそうな とでも言いましょうか、

①≦②

こちら「えびぞりさん」と「えびまげさん」。

今や彼の不動のモチーフになった感のあるエビフライを乗せた2体。

エビフリャーの過去作と比べ、媚びない潔さが際立っています。

確かに、えびまげ子さんにモテようなんて気配は微塵もなく。

私は作品に向かう時、まず じーっとその作品を眺めます。

そうすることで、作品から受けるものがあるのですが、

なかなか正面からの長時間の直視は精神力勝負です。

何しろ、この複眼に猫ヒゲ。

何とも違和感のあるバランス。

「えびぞりさん」

側頭部の茶色い丸、この感じ。

若干の膨らみと艶。

そう、この感じ。

関西人の皆さま、関西出身の全国の皆さま。

 

そうです!

うぐいすボーール!!!

を、イメージしたとかしなかったとか?

しかも鶯ボールの工場が加古川にあったとは。

初日は、野村さんとお客さまと一緒に一袋たいらげました。

  

いきなりパンチの強い作品から紹介しましたが、

野村さんの素晴らしさのひとつは、作家自身が真面目に楽しむところから始まっている。

自分の好きをとことん突き詰めた先に見えてくる、どこか冗談めいたビジュアルを

本気で具現化するところに、確かな技術と豊かな感性が見てとれる。

他にも心つかまれる作品の数々、手頃な小品も展示しています。

きっと気に入る住人が見つかるはず。

是非、足を運んで野村ワールドをご覧いただければと思います。

galeria-punto