Loading

施美時間 12日目。

「赤展」も、残すところあと2日となりました。

明日から最後の2日!

3回目となる今展は、いつになく時の流れが早く感じます。

今日も そんな時間軸の中、ゆったりとした気持ちになれる浄心院へ。

歴史ある浄心院の壁を飾ったのは、長野 剛。

IMGP9824

「HEXAGONAL」

IMGP9828

赤を含む正確な正方形には、いずれも和な色合いが壁に納まります。

この場所に展示できたことに、とても感激してくださいました。

IMGP9754

IMGP9528

一見 一色に見えますが、近くで見ると実に細かい幾何学な線が筆入れされた油彩。

IMGP9825 IMGP9818 IMGP9819

また、講堂の入口にも同じシリーズを設置。

IMGP9837

IMGP9836

この作品を展示した横の壁をご覧あれ。

IMGP9835

酷似!ここまできたら必然ではないでしょうか。

そして、浄心院の門に華を添えるのは 中井佳代子。

IMGP9820

「Flower」

IMGP9821

モザイクによって作り込まれています。

IMGP9350

IMGP9295

中井さんは、”今しかない儚さと無力とを恐れつつ、

生きているという根源的な喜びの中で制作しています”と語ります。

IMGP9833 IMGP9822 IMGP9832 - コピー

旧宝物館にも同じシリーズを展示。

IMGP9671

人の世に悲惨と悲しみは常にある

人は混沌の中で 心を痛めつつ 右往左往している

自ら大きな悲惨の中に入り 力を尽くす人もいるが それは私ではない

人間のできることは限られているからこそ 人は祈る

私は 苦しむ人が苦しみから逃れられることを

せめて一夜でも心安らかな眠りにつけることを祈る

(それはまた 私を許してと祈ること)

そして 私のできることをする

中井佳代子

鶴林寺でアート・プログラムを開催して5年目になりますが、

来る度に 気付かなかった様々な発見があります。

IMGP9771

これは鐘楼。

この日は開錠され、階段を上って鐘を鳴らすことができます。

そして、鐘の振動が境内に響きます。

IMGP9423

人気スポットなのが、ふりきる門。

過去を断ち切れる門。

なるほど、納得の人気ぶり。

我先に、振り切らねば。

IMGP9612     IMGP9617

そして、見つけたらハマる 池。

大きな亀から赤ちゃん亀まで、亀を探してつい長居。

IMGP9465

その他にも、バッタやカマキリ。鳩に猫。

思いの外 いろんな動物が生息しています。

IMGP9373

また、境内には休憩できるカフェもあります。

IMGP9409

あ!こんなとこにも、平和と赤を見っけ。

galeria-punto