Loading

施美時間 最終日。

14日間、一滴の雨も降らず最終日を迎えました。

最後のイベントは、ケンイチのライブドローイング。

G54_0958

最後の締めくくり、今日は早起きしてライブの準備。

IMGP0025

「赤展」らしく、三重塔の前でのライブペインティング。

真っ白なキャンバスを前にする時、観ている側はいつも期待が高まります。

筆入れはライブの醍醐味のひとつ、ここを見逃す手はありません。

IMGP0037

IMGP0038

IMGP0039

IMGP0040

IMGP0041

IMGP0042

IMGP0034 IMGP0055 - コピー

IMGP0044

勢いよく線が入り、みるみる画面が変わっていく様子にギャラリーも見入るひととき。

G54_0954 (1) G54_0953 (1)

ケンイチさんらしく、モノクロで構成されていきます。

IMGP0090

午前の部はここまで。

そして、午後の部の最後はテーマ色でもある赤が入り、完成。

IMGP0180

IMGP0181 IMGP0185 IMGP0184

IMGP0093

ケンイチさんファンもサインをもらって感激でした。

第3回目の「施美時間」も遂に終わりを迎えます。

「施美時間」には会場に足を運んでこそ見えてくる発見があります。

IMGP0077

第2回目から発表している施美時間の看板も、ケンイチさんが描いたもの。

IMGP0076

よ~く見ると、こんなところにアート・プログラムの代表が。

IMGP0017

これは、鶴林寺の外。

鶴林寺の周りには緑豊かな公園があります。

鶴林寺に面した公園からでも一連の作品が垣間見れる、こんな工夫がなされているのです。

IMGP0104

そして遠くを見ると赤いものが!?

IMGP0020

更にもっと遠くにも赤いものが?

スタッフさえ最終日まで気付かなかった、この赤。

こんな偶然のような発見は、鶴林寺の外を散策しないと見つからないでしょう。

IMGP9823

また、会場にはボランティアスタッフがお迎えしています。

IMGP9919

声をかけていただくと、作品の裏に隠れている鳳凰など

知られていない鶴林寺の魅力が聞けるかもしれません。

IMGP9920

それほど貴重な文化財に展示させていただく責任の重さもまた、施美時間なのである。

IMGP0073 IMGP0068

IMGP0075 IMGP0074

そして、パンフレットにも載っていない作品との出会いは、

来た人だけのお楽しみなのである。

galeria-punto