「1、2のZOO」古澤 彩

「1、2のZOO」 古澤 彩

2019年9月12日(木)~9月22日(日)

月・火・水曜日 休廊

11:00~19:30(最終日~16:00)

普段使いのうつわや置物などを展示します。

「ikimono」馬川祐輔

「ikimono」 馬川祐輔

2019年8月1日(木)~8月11日(日)

月・火・水曜日 休廊

11:00~19:30(最終日~16:00)

1日、3日、4日、11日 PM在廊予定

植物や生き物をイメージしたオブジェや器を展示いたします。

陶芸ワークショップ

今年の夏休みPuntoワークショップは、陶芸します!

陶芸家 大島英一郎氏を迎え、各々作りたいものに応じて相談に乗りながら指導いたします。手びねりで制作します。
子どもから大人まで、どなたでも参加できます。
(就学前のお子さまは保護者同伴でお願いします)

①2019年7月27日(土)10:00~12:00 定員10名

②2019年7月27日(土)14:00~16:00 定員10名 定員のため終了しました。

③2019年7月28日(日)10:00~12:00 定員10名 定員のため終了しました。
④2019年7月28日(日)14:00~16:00 定員10名 定員のため終了しました。
参加費:大人2,000円 子ども1,500円(いずれも材料費・焼成費・税込)

たくさん制作したい方は、土500g(500円)を追加することも可能。

材料は全て用意してありますので、持ち物は要りません。
汚れても良い服装でお越しください。
作品は焼成のうえ後日お渡しとなります。
夏休みの工作にもいかがでしょうか。

定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

「女神に導かれて」 西尾昌子 / 西尾宏美

「女神に導かれて」 西尾昌子 / 西尾宏美

2019年6月20日(木)~6月30日(日)

月・火・水曜日 休廊

11:00~19:30(最終日~16:00)

「満ちゆく月の絵の下で」 椎名 寛

「満ちゆく月の絵の下で」 椎名 寛

2019年6月6日(木)~6月16日(日)

月・火・水曜日 休廊

11:00~19:30(最終日~16:00)

6月8日(土)

17:00~スーマー×椎名 寛 コラボライブ(予約制:チャージ2,000円)

19:00頃~パーティ(予約制:+1,500円)

17:00~suemarr(スーマー)さん・椎名さんを迎え、音楽とペイントのコラボライブを開催します。

ライブは、休憩を挟み2時間程度、その後19:00頃からささやかなパーティを開催します。

人数に限りがありますので、前もってご予約をお願いいたします。

料金は、ライブは2,000円、引き続きパーティにも参加される方は3,500円となります。

パーティに関して、会場では簡単な飲み物・おつまみ程度のご用意となりますので、

ご希望のお飲物・おつまみ等はご持参ください。(持込み歓迎)

人数によっては、立食パーティとなります。

お食事はご用意しておりませんので予めご了承ください。

スーマー・椎名、両氏のパフォーマンスと共に作品の数々をご堪能ください。

参加人数が多数になりましたら、締切とさせていただきます。

お問い合わせ・ご予約はGaleria Puntoまで。

「REGAINED」 MIWAEL

「REGAINED」 MIWAEL

2019年4月18日(木)~4月28日(日)

月・火・水曜日 休廊

11:00~19:30(最終日~16:00)

4月20日(土)

16:00~アーティストトーク&オープニングパーティ(予約制:参加費2,000円)

16:00~のアーティストトーク後、ささやかなパーティを開催します。

人数に限りがありますので、前もってご予約をお願いいたします。

会場では、簡単な飲み物・おつまみ程度のご用意となりますので、

ご希望のお飲物・おつまみ等はご持参ください。(持込み歓迎)

人数によっては、立食パーティとなります。

お食事はご用意しておりませんので予めご了承ください。

MIWAELと共に聖なる蠱惑な夜をお楽しみください。

参加人数が多数になりましたら、締切とさせていただきます。

お問い合わせ・ご予約はGaleria Puntoまで。

私の作品は私が直接体験したことから着想を得ています。
最近では、肖像画、動物、風景、政治的または社会的な出来事の作品を創作することによって、私たちの世界の矛盾に飛び込もうとしています。私たちの世界での矛盾を現代のアイコンとしてキャラクターを描くことによって表現したいと思います。
それは少し複雑ですが、私たちの世界にあるのと同じくらい十分な矛盾です。
また、宗教的な官能性に注目するフェティシズムなイメージを生み出すことに情熱を注ぎ、エスニシティもジェンダも時空も過ぎた、この世とあの世をつなぐお噺のような作品を目指しています。
 
 
今展では、”復する”ことにフォーカスを当てて、”REGAINED”と題し、これまでに収集した記憶の欠片と心に浮かんだ新しい着想を組み合わせて編集し、過去に行ったり未来に行ったりして”復した”平面作品を約30点ほど紹介します。
ガレリアプントの空間は、非常に親しみ易く優雅な趣の一方で、どこかしら人を畏怖させるような独特の神聖さがあたりに漂っているように思います。
月が夜に地球を照らし、地球が昼間は月を照らすように、この静謐な空間で会場と作品が互いに照らし合うとどうなるのか?を感じてもらいたいと思います。
 
MIWAEL

「私の不死鳥」 ヒカリタケウチ

「私の不死鳥」 ヒカリタケウチ

2019年4月4日(木)~4月14日(日)

月・火・水曜日 休廊

11:00~19:30(最終日~16:00)

4月6日(土)

16:00~ライブペイント(30分程度)

17:00頃~オープニングパーティ(予約制:参加費1,500円)

16:00~のライブペイント後、17:00頃からささやかなパーティを開催します。

人数に限りがありますので、ライブペイントに続きパーティに参加される方は前もってご予約をお願いいたします。

(ライブペイントのみは観覧無料)

会場では、簡単な飲み物・おつまみ程度のご用意となりますので、

ご希望のお飲物・おつまみ等はご持参ください。(持込み歓迎)

人数によっては、立食パーティとなります。

お食事はご用意しておりませんので予めご了承ください。

ヒカリタケウチのパフォーマンスと共に、作品の数々をご堪能ください。

参加人数が多数になりましたら、締切とさせていただきます。

お問い合わせ・ご予約はGaleria Puntoまで。

「2つの顔と・・・」澁田寿昭

「2つの顔と・・・」 澁田寿昭

2019年3月21日(木)~3月31日(日)

月・火・水曜日 休廊

11:00~19:30(最終日~16:00)

21日(木)、31日(日) 作家在廊予定

 

2つの顔と…
あちらとこちら、
フランスと日本、
芸術と工芸、
釉薬と焼き締め。
6年ほど前にご縁があり、フランスで窯焚きや展覧会を開催。
昨年も8月から9月にかけ一か月ほど、
フランスのリモージュ近くの村での窯焚きと、
パリでの展覧会の国際交流基金主催ジャポニスム2018に参加。
フランスで焼き締めの作家達と、
お互いの技術や情報交換しながらの窯焚きと展覧会。
今までの器作りとは違う思考と表現、
焼き締めの素材や燃料や窯との接し方…

その一端を展示いたします。 澁田寿昭

「水と光の間」 渋谷 清

「水と光の間」 渋谷 清

2019年3月7日(木)~3月17日(日)

月・火・水曜日 休廊

11:00~19:30(最終日~16:00)

3月9日(土)14:00~アーティストトーク

参加費:1,000円(コーヒー付)予約制

渋谷氏が展示をしている作品を中心に紹介(解説)しながら、作家として取り組んでいる大きなテーマ

『こちら側でも向こう側でもないもの・ちょうど間(あいだ)あるいは接点』について、

またそれに関わるお話をこれまでの経験をふまえながらお話します。

作家でもあり大学教授でもある渋谷氏が、どのように作品を生み出し今に至るのか、

アーティストの本質に迫るアーティストトーク。

参加者からの質問にもお答えします。

どんな事柄でも、どうぞたくさんご質問ください。

人数に限りがございますので、参加ご希望の方はGaleria Puntoまでお問い合わせください。

 

渋谷 清 /シブヤキヨシ/ SHIBUYA Kiyoshi

1962年  東京都生まれ

1985年  東京学芸大学 教育学部美術科 卒業

1987年  東京学芸大学 大学院教育学研究科美術教育専攻絵画講座 修了

1993年  文部省在外研究員にてイタリア派遣(在フィレンツェ~1994.3/伊日現代美術センター)

2011年  福山市立大学 教育学部 教授(現在に至る)

<パブリック・コレクション>

東京学芸大学(東京)  川崎市市民ミュージアム(神奈川)   佐久市立近代美術館(長野)

神石高原町基幹センター(広島)  広島県運転免許センター(広島)    福山市民病院(福山)

「DOTS 2019」

現在の地にPuntoが移転した最初の企画展は「草間彌生展」でした。
Galeria Puntoでは開廊当初より度々草間彌生の作品を紹介してきましたが、今ほど騒がれていなかった時代の草間を、今や世界中で絶大な人気を誇る草間を、その両方を地方から発信することにPuntoの想いの原点があります。

Puntoとはスペイン語で点を意味します。DOTSは点より更に小さな点の集合体をイメージし、初回DOTSに参加したアーティストのアイデアから名づけました。水玉の女王 草間彌生にちなんでいることもPuntoらしいと思っています。

巨匠の原点は、地方の点から始まる。DOTSは、そんな考えに賛同した若手アーティスト12名により、地方から次代を担う若手作家を輩出するための企画展として2018年にスタートし、2019年より公募展に形を変えリスタートします。

 「DOTS 2019」

2019年1月17日(木)~2月3日(日)

月・火・水曜日 休廊

11:00~19:30(最終日~16:00)

【 出展作家 】

椎名 寛

村上 優

魔可多宮ナツ

東條 新

幸坂圭一郎

氷菓

鍋谷 和

まりえ

ゆん

川来次郎

藤田瑞希

浅間明日美

キノ輪

関水由美子

西尾宏美

永守智子

MIWAEL

灰野ゆう

(応募順)

特別枠 】・・小学生以下

稲垣光一

丸尾いまり

八尾亘晃

東條 知晴

子門

(応募順)

特別枠での出品作品は投票外となります。

今展の応募者は中学生以上、プロ・アマ不問。

今回は応募作品の中から18作家31作品を選出しました。

展示された作品は、会期中に一般来場者・ネット視聴者の投票により総選挙を行います。

票数の多かった上位7名はシード権を獲得。シード権を得た方は、次回のDOTSに無料にて出品することができます。

上位5名以内を3回獲得すると当ギャラリーでの個展開催権が得られます。その他 順位及びシード権の数によって企画展への参加、その他特典があります。選外となった方でも、※アート・プログラム企画展への参加権利が得られる場合があります。※アート・プログラムとは、Galeria Puntoが母体となったアート企画を行う実行委員会です。

また、特別枠として小学生以下の作品も併せて展示します。

投票は、会期中の会場及びHPからもネット投票が行えます。

どなたでも投票できますので、ぜひ次代を担う作家たちを応援ください!