Loading

Christmas story ⑤ 医療とアート

2017年12月24日のクリスマス・イブ、25:30~

NNNドキュメント」にて放送。

“絵の中の自分が癒してくれる似顔絵セラピー”

村岡ケンイチ

現在 闘病中の寛太君にありがとうを伝えたい。

Christmas story ④はこちら

Puntoは画廊での企画以外に、Puntoを母体としたアート・プログラムという実行委員会を

文化・芸術の振興に貢献することを目的に、十数年前に立ち上げました。

これは美術館や画廊といった特定の場所でなく、

広く公共の場などでアートの可能性を探る試みであり、

2006年に岡山市民病院で始まりました。

医師で大学教授でもある後藤先生は、アート・プログラムの顧問として次のように述べています。

「時々耳にする“病院”にアートを持ち込むという言い方を私は好みません。

それだと、“病院”には本来アートは無いとの前提のようです」

そう、病院は長い歴史の中でアートと密接な関係を持ってきたのです。

岡山の病院を中心に開催したアート・プログラムの企画は

時に囲み取材を受けるほどに注目・評価されました。

アートが病を患った人の心にプラスに影響するという検証は、

回を重ねるごとに、患者さんからのアンケートや体験談として多く聞き 感じてはいたものの

では例えば死に直面した患者、希望を見失った患者にとって、

果たして目の前のアートは彼らに救いを与えてはくれるのだろうか?

その核心は、アートに携わっている者とて実感が持てずにきたように思います。

活動を始め10年以上たっても持てなかった実感を、確かな手ごたえとして感じたのが

寛太君と 村岡ケンイチさんの出会いだったのです。

つづく。

Christmas story ⑥はこちら

galeria-punto