高校生LIVE

本日は、馬川さんの「ikimono」の作品に囲まれ、

かねてよりお知らせしていた高校生LIVEを行いました!

高校生の友人、馬川さんの知人、Puntoのお客様も来てくださり時間通りに開始。

このところの猛暑のせいか、エアコンを強にしてガンガン下げるも暑い。

男子高校生が集まった時の圧ときたら、ちょっとした気圧の変化さえ感じる。

立つと余計にデカいので、即座に椅子を勧めた。

まずは品川恭輝くんの挨拶から。

うむ、自分が高校生の時は、こんなに風に喋れなかった。

品川くんは音楽部でPAを担当しているらしいが、

ソフトな喋りから周りへの気遣いまで、組織には欲しい人材である。

今日は少し緊張していた様子の品川くん。

緊張感こそやライブ、やはり生は良い。

曲への想いも語ってくれ、布施くんを立てることも忘れない。

やはり必要な人材である。

品川くんは、察するところ頭が良い。

音楽を続けながら大学進学を目指す、その ど真ん中にいる。

そして、音楽部 部長の布施壮太くんの登場。

さすが部長。

以前 初めて曲を聴かせてもらった時から、部長たる雰囲気をかもし出していた。

部長たる雰囲気というものが説明しにくいが、

頼りがいと何とかしてくれそうな安心感みたいなものだろうか。

彼の歌に聞き入っていた皆さんを、確かに見ました。

将来はプロのミュージシャンを目指している部長。

お母さん曰く「子供の頃から歌ばかり歌っていた」そうである。

余談だが、お母さんが若くて綺麗だ。


何か困った時は、部長にLINEしようと思う。

断水とかでも最終的に何とかしてくれるかもしれない。

 

地方のごく普通の高校生によるギターライブはいかがだったでしょうか。

Puntoはスペイン語で点を意味します。

いかなる著名なアーティストでも始まりは地方の点である。

それは、20年近く前に最初に岡山でPuntoが生まれた当初からの我々の想いである。

高校3年生である二人は、卒業後それぞれ違う道を歩む。

Galeria Puntoは今後も二人を応援し、活躍の場を広げていってほしい。

近々、また どこかで二人の姿を見ることになるだろう。

 

会場にお越しくださった皆さま、ご協力いただいた先生、

そして二人のライブを快諾してくれた馬川さんに感謝いたします。

馬川祐輔の「ikimono」は明日が最終日となります。

午後からは作家も在廊しますので、是非お越しください。

galeria-punto

ツールバーへスキップ