Loading

明日を夢見て

五百蔵正也の「小さな宝石」が終わりました。

作品の純粋さに共鳴して、とってもやさしい気持ちになった会期中。

イオロイさんは、私の知りうる作家さんの中でも かなり、いや とびきり か黙な方ですが、

作品同様そこがイオロイさんの魅力のひとつでもあり、四葉のクローバーみたいな素敵な方です。

自身の琴線に触れたものを心のままに選択しているように感じるイオロイさん。

Puntoでの展覧会が少しでも影響を与えられたかは分からないが、

いつしか、そんな画廊になっていければいいなと心に誓う。

「明日を夢見て」

                 

     

こんな風に日々を過ごしたい。

これからもPuntoは画家 五百蔵正也を追っていきたいと思います。

galeria-punto