Loading

アメフラシ

「DOTS 2018」

密かな旋風を巻き起こしているのが、灰野ゆうさんのアメフラシ。

 

昨年、画廊を訪ねてきた女の子が持っていたのがピンクの小さなアメフラシ。

聞くと彼女が作っているという それを購入し、マスコットのように置いていたのがキッカケで

今回たくさんのアメフラシが集合。

人の背丈ほどの大きいものも制作していますが、

今回は手のひらに乗るミニサイズから揃っています。

さすが自分で飼っていたというだけあって、アメフラシ愛は半端ではありません。

アメフラシって飼えたんですね、ほぅ。

平面作品もあります、これ全部アメフラシ。

けん玉や流木がアメフラシ仕様になった変り種もあります。

そして、アメフラシ以外の作品も。

 

 

次に、こちらの2点が山下真由さん。

ドアではなく、作品をご覧あれ。

一枚のドアの表と裏に飾られたキャンバス。

DOTS参加が決まる以前に制作された作品にしては

あまりにも準備していたかのような作品に驚愕。

赤い壁にはトマト。

 

黄色い壁にはトウモロコシ。

更には、白い壁とグレーの壁がありますので、次回はよろしくお願いします。

galeria-punto