Loading

「小さな宝石」 五百蔵正也

五百蔵正也さんの「小さな宝石」から。

五百蔵と書いてイオロイさんと読むそうです。

五百蔵さんの作品を最初に見て思ったのが「絵が上手い!」

絵が上手いなんて表現は実際のところあまり使わないけれど、

率直にそう思わす筆遣いに加え、純粋な画面にたくさんの言葉は要らない。

 

 

 

例えば これば「だーるまさんが転んだ!」というタイトルが付いている。

なるほど、納得。

でも、五百蔵さんの作品はタイトルさえ必要ないかもしれない。

どの作品も、それほど受け手に十分に伝わるものがある。

それら全ては、自らが見たものを描いている。

チベットやインドやネパールなど旅した先々での出会いや

日常の風景を描いているのだ。

過度な表現も押し付けもない。

そこには優しい風がまとう情景と心温まる想いだけがある。

私は、こんなに美しい絵をそう見たことがない気がする。

galeria-punto