Loading

赤いキューブ

さてさて、

赤いキューブは一体どうなったかと言いますと・・

IMGP9993

第2回目の施美時間後から少しずつ出来上がってきた「平和」というコンセプト。そんな中、現代アートを媒体に 作り手と鑑賞者という対峙ではなく、施美時間という時間軸に居合わせる人々全てが共に作り手であり鑑賞者でもある立場として皆が「平和」への表現を担うことは出来ないだろうか・・ そんな考えから、今回の赤いキューブの企画が実現しました。

IMGP0087

14日間の会期中、多くの方々がキューブを手に取ってくださり、最終日の朝には

何個もあった大きな段ボールが一個となり、底が見えるまでになりました。

1日目2

初日はこんな感じだった赤キューブ。

6日目

徐々に高さが出はじめ、倒すまいという皆さんの熱き戦いを経て。

7日目1

土に根を張るように、広がっていきました。

11日目2

座り込んで熱心にキューブを置く姿は、完全にゲージツ家。

8日目1

「現代アートは分からない」なんてウソです。

01

とにかく広い境内。しばし赤キューブの動向を見逃そうものなら、とたんに形が変化しています。

アーティストにも予想できない展開が一般参加のなせる技なのです。

IMGP9996 IMGP0003 (1) IMGP9997

塊からはちょっと離れた木の根っこや石の上に置かれた赤キューブは、

ひっそり身を隠しているようで、その存在感は大きいものがありました。

02

こうしていつの間にか、気付けば赤が方々に広がっていったのです。

キューブ9日目

13日目

12日目3

12日目6」

12日目4

13日目2

12日目7

03 - コピー (3)

03 - コピー

IMGP9994

03 - コピー (2)

13日目7

IMGP9544

そして、もうひとつ。

赤いキューブには、思い思いの平和をメッセージとして書いていただきました。

IMGP9799  IMGP9800  IMGP9796 IMGP9797  IMGP9798  IMGP9795 IMGP9793  IMGP9794  IMGP9791 IMGP9792  IMGP9741  IMGP9790 IMGP9739  IMGP9740  IMGP9736 IMGP9737  IMGP9738  IMGP9735 IMGP9542  IMGP9540  IMGP9541 IMGP9538  IMGP9537  IMGP9535 IMGP9536  IMGP9532  IMGP9533 IMGP9534  IMGP9531  IMGP9521 IMGP9518  IMGP9519  IMGP9516 IMGP9517  IMGP9515  IMGP9514 IMGP9512  IMGP9513  IMGP9510 IMGP9511  IMGP0082  IMGP0081 IMGP9992  IMGP9995  IMGP9991 IMGP9990  IMGP9988  IMGP9989 IMGP9985  IMGP9986  IMGP9984  IMGP9982  IMGP9981  IMGP9978  IMGP9979  IMGP9980  IMGP9970  IMGP9971  IMGP9968  IMGP9967  IMGP9949  IMGP9803  IMGP9804    IMGP9801 IMGP9802

アート・プログラムは、平和を祈ります。

galeria-punto